ひろってつないで

女子バレーボールの情報や試合の感想を、適当に更新しています。たまに男子も。

アジアの女子バレー 移籍情報

キム・ヨンギョン選手、トルコリーグの年俸推定1億5千万円

スポンサーリンク

スポンサーリンク

しかもヨーロッパでプレー中の男女バレーボール選手の中で、最高年俸のようです。ほんと凄いですよねー。男性選手よりも上なんて、他の競技では考えられないことです。
※ 記事はこちら→http://www.wowkorea.jp/news/korea/2016/0831/10173034.html

木村沙織選手もかつて1億でプレーしてましたけど、トルコのバレーボール人気はまだまだ衰えていないようですね。

やはりパスヒッターは貴重なので、他のポジションより年俸も高いのでしょう。シュ・テイ(朱婷)選手も、木村選手が在籍していたトルコリーグのワクフバンクに移籍するようなので、きっと年俸も破格だと思います。

ヨーロッパ移籍といえば、座安選手もこの度行くことになったようですね。

座安琴希選手がフランストップリーグ「RCカンヌ」に移籍

昨年の筒井さかや選手に続き、久光製薬スプリングスから2人目のリベロの海外移籍となりました!

素晴らしいことだと思います。リベロは他のポジションよりも海外での修行が効果的だと思うので、他のチームのリベロも積極的に行って欲しいと思います。恐らく中田久美監督の考えでしょう。常に世界に目を向けているところが違いますね。

今回、座安選手が行くのは「RCカンヌ」という、フランストップリーグで一番強いチームです。今まで佐野優子選手、井野亜季子選手、江畑幸子選手などがプレーしています。欧州チャンピオンズリーグにも毎年出場しているので、座安選手がスタメンを勝ち取ることができたなら、出場することもあるかもしれません。

欧州チャンピオンズリーグといえば、佐野選手が2006年にベストリベロ賞、2013年にベストレシーバー賞を獲得しているので、座安選手もチャンスがあれば頑張って欲しいと思います。

関連PC



アドセンスPC×2

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

バレー記事いろいろ