ひろってつないで

女子バレーボールの情報や試合の感想を、適当に更新しています。たまに男子も。

リオ五輪関係 東京オリンピック関係 期待の若手

大林さんが東京五輪に向けて名を挙げた選手たち

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『大林素子さんが「愛のムチ」。女子バレーは東京へ大型選手育成を急げ』という記事で、大林さんが東京五輪に向けて名を挙げた選手は、

古賀紗理那 大竹里歩 宮部藍梨 黒後愛 東国玲衣奈 岩坂名奈

この6名。

これにセッターとリベロを加えたら、なかなか魅力的なチームになりそうです。

岩坂選手を除く5名は、まだ若く、才能に溢れた選手たちです。

かつてないほど優秀な若手が揃っているので、確実に成長できるよう、しっかりと育てて欲しいと思います。

ベテラン勢で期待ができるのは、長岡望悠、石井優希、新鍋理沙の3選手。

個人的には、リオオリンピックのアメリカ戦でスパイク効果率50%を叩き出した、石井選手に注目したい。なんと決定率ではなく、効果率で50%なのです。ちなみに決定率は68.75%。得点は11と少なめではあるものの、相手は世界ランク1位のアメリカのうえ、オリンピック準々決勝という大舞台。十分に立派な働きといえるでしょう。
※ スタッツはこちら
http://www.fivb.org/vis_web/volley/WOG2016/WOG2016_p3-034.pdf

ちなみに、直前のアルゼンチン戦でも石井選手は大活躍しました。
効果率42.11% 決定率47.37%
このときはスパイクだけで18得点もしており、もし石井選手の活躍がなかったらと思うと、ぞっとするほどです。
※ スタッツはこちら
http://www.fivb.org/vis_web/volley/WOG2016/WOG2016_p3-029.pdf

もしこの先も、これだけの活躍を継続的に出来るのであれば、石井選手はリオオリンピックの終盤を境に、完全に覚醒したといってもいいでしょう。

まずは10月にFIVB世界クラブ女子選手権大会があるので、石井優希選手の活躍に期待したいと思います。

『大林素子さんが「愛のムチ」。女子バレーは東京へ大型選手育成を急げ』の記事はこちら
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/volleyball/2016/09/02/___split_9/

関連PC



アドセンスPC×2

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

バレー記事いろいろ