ひろってつないで

女子バレーボールの情報や試合の感想を、適当に更新しています。たまに男子も。

V・プレミアリーグ関係 アジアの女子バレー 期待の若手

NEC連勝 アジアクラブ女子バレー選手権

2017/12/20

スポンサーリンク

スポンサーリンク

第17回アジアクラブ女子バレーボール選手権大会2016の1次リーグ、C組のNECは、初戦のインドネシアのチームに続き、昨日もカザフスタンのチームに3-0のストレートで勝利しました。

初戦のインドネシア戦は、不具合があったのか観ることができませんでしたが、昨日のカザフスタン戦は問題なく観ることができました。

試合は、終始NECが先行する展開。勝敗を分けたのは、やはり守備力の差でしょう。カザフスタンのチームは、高さや攻撃力はそれなりにあるものの、サーブレシーブが悪く、なかなか効果的な攻撃ができなかったようです。

反面、NECはディグも安定しており、力の差は歴然といった感じでした。

注目の古賀紗理那選手ですが、状態はだいぶ上がってきているように見えました。高校を卒業して2年目になるわけですが、完全にチームの中心選手。やはり物が違うといった印象を受けます。もう一段階成長すれば、全日本でも盤石の活躍ができるようになるのではないでしょうか。

世間では賛否両論ありますが、現在のV・プレミアリーグの全選手の中で、絶頂期の木村沙織選手を超えられるのは、やはり古賀紗理那選手しかいないと思います。大抵の選手は、高校を卒業して、それなりに通用する選手になるまで数年を要します。しかし、古賀選手はスタートから違います。明らかに、今より上のステージがある選手なのです。問題は、それがどこまでなのか? 日本のエースに留まるだけなのか、世界の大エースと肩を並べるとこまで行けるのか? いずれにせよ、それは本人の心構えと、周りの大人たちのサポート次第でしょう。是非とも、順調に成長して世界のトップ選手になってもらいたいと思います。

関連PC



アドセンスPC×2

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

バレー記事いろいろ