ひろってつないで

女子バレーボールの情報や試合の感想を、適当に更新しています。たまに男子も。

V・プレミアリーグ関係 移籍情報

日立リヴァーレの新外国人 カースティ・ジャクソン(Cursty Jackson)選手

2019/07/25

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カースティ・ジャクソン(Cursty Jackson)

国籍: アメリカ
生年月日: 1990年9月11日(26歳)
ポジション:ミドルブロッカー
身長: 188cm
最高到達点:320cm

所属クラブ
アリゾナ大学(2007-2011年)
Quimper Volley 29(2012-2013年)
ラビタ・バクー(2013-2014年)
ドレスナーSC(2014-2015年)
ガラタサライ(2015-2016年)

Arizona Wildcatsより

最高到達点:320cm、どの日本人よりも高い跳躍力です。ただ、前任者のローレン・パオリーニ選手の活躍が素晴らしかったので、多少やりにくさはあるかもしれませんね。

それにしても、アメリカはミドルの宝庫ですね! ほんとに羨ましいです。

カースティ・ジャクソン選手が出場している試合動画

カースティ・ジャクソン選手は、ラビタ・バクー時代、タイのセッター、ヌットサラ・トムコム選手やドミニカのリベロ、ブレンダ・カスティージョ選手と共にプレーしていたようです。

世界トップクラスのセッターとリベロを揃えるとは、なかなかやりますね!

↓↓↓これは欧州チャンピオンズリーグで、3人が揃ったときの試合動画です。

LAOLA.TVより
http://www.laola1.tv/watch/video/145905
※ ヌットサラ選手は後半からの出場です。

このときの欧州チャンピオンズリーグで、ラビタ・バクーは3位、ヌットサラ選手はベストセッター賞、カスティージョ選手はベストリベロを、それぞれ受賞しました。

おまけ

関連PC



アドセンスPC×2

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

バレー記事いろいろ