ひろってつないで

女子バレーボールの情報や試合の感想を、適当に更新しています。たまに男子も。

V・プレミアリーグ関係

今シーズンのNECレッドロケッツについて

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今日はNECレッドロケッツの分析をしてみようと思います。

NECレッドロケッツ

昨季のレギュラーラウンドにおけるチーム別技術成績(V・リーグ公式記録より)

アタック決定率(バックアタック含む)(%)

トヨタ車体クインシーズ40.6
日立リヴァーレ 39.0
久光製薬スプリングス38.9
東レアローズ 38.1
NECレッドロケッツ36.0
上尾メディックス35.3
岡山シーガルズ33.9
デンソーエアリービーズ33.3

昇格組(チャレンジリーグでの成績)

JTマーヴェラス40.7
PFUブルーキャッツ37.1


ブロック決定本数(セットあたり)

久光製薬スプリングス2.25
NECレッドロケッツ2.15
上尾メディックス2.02
デンソーエアリービーズ1.99
東レアローズ1.96
日立リヴァーレ1.94
トヨタ車体クインシーズ 1.73
岡山シーガルズ      1.67

昇格組(チャレンジリーグでの成績)

JTマーヴェラス3.11
PFUブルーキャッツ3.49


サーブ効果率(%)

トヨタ車体クインシーズ14.4
日立リヴァーレ14.3
上尾メディックス13.8
東レアローズ13.4
NECレッドロケッツ13.4
久光製薬スプリングス12.9
デンソーエアリービーズ12.6
岡山シーガルズ     12.2

昇格組(チャレンジリーグでの成績)

JTマーヴェラス14.7
PFUブルーキャッツ12.1


サーブレシーブ成功率(%)

久光製薬スプリングス65.1
東レアローズ61.3
日立リヴァーレ57.8
NECレッドロケッツ55.7
岡山シーガルズ 55.3
トヨタ車体クインシーズ54.0
デンソーエアリービーズ52.9
上尾メディックス49.9

昇格組(チャレンジリーグでの成績)

JTマーヴェラス58.9
PFUブルーキャッツ59.7

数字的には、ブロック以外は目立つ長所も短所もないといったところでしょうか。

昨季のレギュラーラウンドの順位は5位と低迷していますが、その前の2014/15シーズンは、久光とのファイナルを制して優勝しており、地力はあるチームです。さらに先日のアジアクラブ女子バレー選手権を見る限り、チームの状態も良く、今季は優勝争いに加わる可能性は十分あるのではないでしょうか。

NECレッドロケッツの注目選手

ミドルの大野果奈選手島村春世選手、サイドの古賀紗理那選手近江あかり選手は、日本でもトップクラス。オポジットの柳田光綺選手もレベルが高く、セッターの山口かなめ選手も十分実力があります。

特にアジアクラブ女子バレー選手権で活躍した大野選手は成長が見られ、リーグでも活躍できるか注目したいと思います。

もちろん全日本のために、古賀選手には大きく成長してもらわねばなりません。打数が多くて大変ですが、決定率40%を目標に頑張ってもらいたいと思います。サーブレシーブは、最低でも65%は欲しいところです。世界を相手にするためには、それでも足りませんが、毎年少しずつレベルアップしていけばよいと思います。

ほかには、本来オポジットの選手でありながら、センター兼ライトとして活躍している佐川奈美選手も見どころのひとつです。彼女がミドルのポジションに入ったときの、サイド攻撃は魅力です。

あと、新しく入ったエミリヤ・ニコロバ選手と柳田光綺選手のオポジット対決にも注目したいですね!

関連PC



アドセンスPC×2

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

バレー記事いろいろ