ひろってつないで

女子バレーボールの情報や試合の感想を、適当に更新しています。たまに男子も。

V・プレミアリーグ関係

今シーズンの日立リヴァーレについて

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今日は日立リヴァーレの分析をしてみようと思います。

日立リヴァーレ

昨季のレギュラーラウンドにおけるチーム別技術成績(V・リーグ公式記録より)

アタック決定率(バックアタック含む)(%)

トヨタ車体クインシーズ40.6
日立リヴァーレ 39.0
久光製薬スプリングス38.9
東レアローズ 38.1
NECレッドロケッツ36.0
上尾メディックス35.3
岡山シーガルズ33.9
デンソーエアリービーズ33.3

昇格組(チャレンジリーグでの成績)

JTマーヴェラス40.7
PFUブルーキャッツ37.1


ブロック決定本数(セットあたり)

久光製薬スプリングス2.25
NECレッドロケッツ2.15
上尾メディックス2.02
デンソーエアリービーズ1.99
東レアローズ1.96
日立リヴァーレ1.94
トヨタ車体クインシーズ 1.73
岡山シーガルズ      1.67

昇格組(チャレンジリーグでの成績)

JTマーヴェラス3.11
PFUブルーキャッツ3.49


サーブ効果率(%)

トヨタ車体クインシーズ14.4
日立リヴァーレ14.3
上尾メディックス13.8
東レアローズ13.4
NECレッドロケッツ13.4
久光製薬スプリングス12.9
デンソーエアリービーズ12.6
岡山シーガルズ     12.2

昇格組(チャレンジリーグでの成績)

JTマーヴェラス14.7
PFUブルーキャッツ12.1


サーブレシーブ成功率(%)

久光製薬スプリングス65.1
東レアローズ61.3
日立リヴァーレ57.8
NECレッドロケッツ55.7
岡山シーガルズ 55.3
トヨタ車体クインシーズ54.0
デンソーエアリービーズ52.9
上尾メディックス49.9

昇格組(チャレンジリーグでの成績)

JTマーヴェラス58.9
PFUブルーキャッツ59.7

ブロック以外は上位の成績にあり、優れたチームであることは、数字が証明しています。ただ、一番脅威だったローレン・パオリーニ選手が抜けたため、代わりのカースティ・ジャクソン選手がその穴をどれだけ埋められるか。最終的にはそこに掛かってくるように思えます。

ローレン・パオリーニ選手の昨季のレギュラーラウンドでの成績

アタック決定率50.2%2位
総得点384本4位

ミドルブロッカーでありながら、チームで一番得点していました。

日立リヴァーレの注目選手

井上奈々朱選手
昨季のレギュラーラウンドではアタック決定率3位(50.0%)、サーブ効果率4位(16.5%)と、年々実力を上げています。ただ、ブロックの成績が今一つなので、そこさえ改善できれば、全日本のミドル争いに加わることも可能でしょう。

長内美和子選手
新人の選手ですが、先日のアジアカップを見る限り、V・プレミアでも通用する素質を持っていると感じました。出場することがあれば、注目してみたいと思います。

関連PC



アドセンスPC×2

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

バレー記事いろいろ