ひろってつないで

女子バレーボールの情報や試合の感想を、適当に更新しています。たまに男子も。

V・プレミアリーグ関係

今シーズンの東レ・アローズについて

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今日は東レ・アローズの分析をしてみようと思います。

東レ・アローズ

昨季のレギュラーラウンドにおけるチーム別技術成績(V・リーグ公式記録より)

アタック決定率(バックアタック含む)(%)

トヨタ車体クインシーズ40.6
日立リヴァーレ 39.0
久光製薬スプリングス38.9
東レアローズ 38.1
NECレッドロケッツ36.0
上尾メディックス35.3
岡山シーガルズ33.9
デンソーエアリービーズ33.3

昇格組(チャレンジリーグでの成績)

JTマーヴェラス40.7
PFUブルーキャッツ37.1


ブロック決定本数(セットあたり)

久光製薬スプリングス2.25
NECレッドロケッツ2.15
上尾メディックス2.02
デンソーエアリービーズ1.99
東レアローズ1.96
日立リヴァーレ1.94
トヨタ車体クインシーズ 1.73
岡山シーガルズ      1.67

昇格組(チャレンジリーグでの成績)

JTマーヴェラス3.11
PFUブルーキャッツ3.49


サーブ効果率(%)

トヨタ車体クインシーズ14.4
日立リヴァーレ14.3
上尾メディックス13.8
東レアローズ13.4
NECレッドロケッツ13.4
久光製薬スプリングス12.9
デンソーエアリービーズ12.6
岡山シーガルズ     12.2

昇格組(チャレンジリーグでの成績)

JTマーヴェラス14.7
PFUブルーキャッツ12.1


サーブレシーブ成功率(%)

久光製薬スプリングス65.1
東レアローズ61.3
日立リヴァーレ57.8
NECレッドロケッツ55.7
岡山シーガルズ 55.3
トヨタ車体クインシーズ54.0
デンソーエアリービーズ52.9
上尾メディックス49.9

昇格組(チャレンジリーグでの成績)

JTマーヴェラス58.9
PFUブルーキャッツ59.7

昨季レギュラーラウンド1位と好成績、もしテトリ・ディクソン選手が怪我さえしなかったら、優勝すらもありえたでしょう。

しかし、今季意外に厳しいのはこのチームかもしれません。若手が成長していないなか、攻守両面で活躍していた高田ありさ選手が抜けた穴は、思いのほか大きいはずです。

若手に潜在能力の高い選手がいないわけではないので、彼女らの成長に期待したいところです。

今季は昨季以上に、迫田さおり選手と木村沙織選手に掛かる負担は大きくなるでしょう。最終的な順位は、2人の活躍次第といってもいいかもしれません。

東レ・アローズの注目選手

大野果歩選手
本来、NECの双子の姉妹、大野果奈選手以上に期待されていた選手。所属チームではウィングスパイカーとミドルブロッカー、両方で登録されていますが、ウィングスパイカーとして高田選手の穴を埋めて欲しいと思います。

堀川真理選手
2008年アジアユース選手権優勝+最高殊勲選手。2009年世界ユース選手権では5位ながら、ベストスパイカーに選ばれるなど、将来を嘱望されていた選手。伸び悩んでいるようですが、頑張って欲しいですね。

あとは、期待の白井美沙紀選手田代佳奈美選手のセッター争いにも注目です。

関連PC



アドセンスPC×2

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

バレー記事いろいろ