ひろってつないで

女子バレーボールの情報や試合の感想を、適当に更新しています。たまに男子も。

V・プレミアリーグ関係

今シーズンの久光製薬スプリングスについて

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今日は久光製薬スプリングスの分析をしてみようと思います。

久光製薬スプリングス

昨季のレギュラーラウンドにおけるチーム別技術成績(V・リーグ公式記録より)

アタック決定率(バックアタック含む)(%)

トヨタ車体クインシーズ40.6
日立リヴァーレ 39.0
久光製薬スプリングス38.9
東レアローズ 38.1
NECレッドロケッツ36.0
上尾メディックス35.3
岡山シーガルズ33.9
デンソーエアリービーズ33.3

昇格組(チャレンジリーグでの成績)

JTマーヴェラス40.7
PFUブルーキャッツ37.1


ブロック決定本数(セットあたり)

久光製薬スプリングス2.25
NECレッドロケッツ2.15
上尾メディックス2.02
デンソーエアリービーズ1.99
東レアローズ1.96
日立リヴァーレ1.94
トヨタ車体クインシーズ 1.73
岡山シーガルズ      1.67

昇格組(チャレンジリーグでの成績)

JTマーヴェラス3.11
PFUブルーキャッツ3.49


サーブ効果率(%)

トヨタ車体クインシーズ14.4
日立リヴァーレ14.3
上尾メディックス13.8
東レアローズ13.4
NECレッドロケッツ13.4
久光製薬スプリングス12.9
デンソーエアリービーズ12.6
岡山シーガルズ     12.2

昇格組(チャレンジリーグでの成績)

JTマーヴェラス14.7
PFUブルーキャッツ12.1


サーブレシーブ成功率(%)

久光製薬スプリングス65.1
東レアローズ61.3
日立リヴァーレ57.8
NECレッドロケッツ55.7
岡山シーガルズ 55.3
トヨタ車体クインシーズ54.0
デンソーエアリービーズ52.9
上尾メディックス49.9

昇格組(チャレンジリーグでの成績)

JTマーヴェラス58.9
PFUブルーキャッツ59.7

サーブ効果率以外は全てトップクラス。昨季は苦戦したとはいえ、優勝してもなんら不思議はない数字を残しています。

今季も主力に大幅な変更がない上に、ミドルに新外国人選手(マヤ・トカルスカ)も加わったので、一層強化されたチームとなるでしょう。

現時点では、優勝候補の筆頭といえるかもしれません。

久光製薬スプリングスの注目選手

石井優希選手
まだまだ成長の余地のある選手。リオ五輪終盤で見せた活躍を、常時引き出せるようになれば、代表でも欠かすことのできない選手となるでしょう。

新鍋理沙選手
パスヒッターで3年連続サーブレシーブ賞を獲ったことは、もっと称賛されるべき。サーブレシーブ力の高いチームがプレミアでも上位にいるように、サーブレシーブは日本のバレーにおいて、一番といっていいほど重要なプレーです。あと、新鍋選手はサーブ力も向上しています。(昨季はチームで一番の効果率を残しています)向上心が高く、年々成長を続けており、今季も当然活躍が期待できるでしょう。

他には、キャプテンとなった長岡望結選手をはじめ、岩坂名奈選手なども当然注目の選手です。

今季は昨季よりも激戦が予想され、面白いシーズンとなりそうです。

関連PC



アドセンスPC×2

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

バレー記事いろいろ