ひろってつないで

女子バレーボールの情報や試合の感想を、適当に更新しています。たまに男子も。

V・プレミアリーグ関係

今シーズンのJTマーヴェラスについて

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今日はJTマーヴェラスの分析をしてみようと思います。

JTマーヴェラス

昨季のレギュラーラウンドにおけるチーム別技術成績(V・リーグ公式記録より)

アタック決定率(バックアタック含む)(%)

トヨタ車体クインシーズ40.6
日立リヴァーレ 39.0
久光製薬スプリングス38.9
東レアローズ 38.1
NECレッドロケッツ36.0
上尾メディックス35.3
岡山シーガルズ33.9
デンソーエアリービーズ33.3

昇格組(チャレンジリーグでの成績)

JTマーヴェラス40.7
PFUブルーキャッツ37.1


ブロック決定本数(セットあたり)

久光製薬スプリングス2.25
NECレッドロケッツ2.15
上尾メディックス2.02
デンソーエアリービーズ1.99
東レアローズ1.96
日立リヴァーレ1.94
トヨタ車体クインシーズ 1.73
岡山シーガルズ      1.67

昇格組(チャレンジリーグでの成績)

JTマーヴェラス3.11
PFUブルーキャッツ3.49


サーブ効果率(%)

トヨタ車体クインシーズ14.4
日立リヴァーレ14.3
上尾メディックス13.8
東レアローズ13.4
NECレッドロケッツ13.4
久光製薬スプリングス12.9
デンソーエアリービーズ12.6
岡山シーガルズ     12.2

昇格組(チャレンジリーグでの成績)

JTマーヴェラス14.7
PFUブルーキャッツ12.1


サーブレシーブ成功率(%)

久光製薬スプリングス65.1
東レアローズ61.3
日立リヴァーレ57.8
NECレッドロケッツ55.7
岡山シーガルズ 55.3
トヨタ車体クインシーズ54.0
デンソーエアリービーズ52.9
上尾メディックス49.9

昇格組(チャレンジリーグでの成績)

JTマーヴェラス58.9
PFUブルーキャッツ59.7

チャレンジリーグでの数字は優秀ですが、プレミアでも通用するかどうかは、また別の話です。

ただJTは、チャレンジリーグで無敗、チャレンジマッチでも、上尾相手に2戦連続ストレート勝利するなど、これまでの昇格組とは違い、破格の強さで上がってきました。

リオ五輪メンバーは1人もいませんが、両ミドルが攻守共に優れており、サイドも安定した力を発揮するなど、バランスのよいチームです。

プレミアの上位チーム相手にどのような戦いをするか、楽しみですね!

JTマーヴェラスの注目選手

奥村麻依選手
身長177cm、最高到達点297cmと、ミドルブロッカーとしては低い方ですが、ブロック技術は日本トップクラス。攻撃力もチャレンジリーグでは常に上位でした。ただ、サーブだけは苦手のようなので、頑張って欲しいと思います。

芥川愛加選手
身長179cm、最高到達点303cmと、彼女もミドルとしては高くはありませんが、アタックとサーブが優れており、ブロックも上達しています。プレミアでどの程度活躍できるか、注目してみたいと思います。

小幡真子選手
昨季はチャンレンジリーグでサーブレシーブ3位。1年目ということを考えたら、よかったのではないでしょうか。今季はプレミアでの戦いとなりますが、更なる成長を期待したいと思います。

関連PC



アドセンスPC×2

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

バレー記事いろいろ