ひろってつないで

女子バレーボールの情報や試合の感想を、適当に更新しています。たまに男子も。

東京オリンピック関係

中田久美監督の全日本女子監督就任会見

2017/01/26

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本バレーボール協会は26日、都内で日本代表の監督就任会見を行いました。

以下は、中田久美監督のコメントです。

「リオではメダルを取れなかった。今回を最後に引退する選手も、リオをスタートにする人もいる。客観的に厳しい状況であるとわかっているからこそ、やらなきゃいけないんだと思った。私のバレーボール人生の最後をかけたい」

厳しい状況だからこそ、というところが素晴らしいですね!^^

相当な覚悟で臨まれることでしょう。

「女子の代表監督で、初めての女性監督だった生沼スミエさんに、自分が現役選手だった時、技術面だけでなくさまざまな面でたくさん支えられた。選手との距離感のつかみ方など女性指導者の強みを最大限に生かし、私のバレー人生をかけて東京大会に挑戦したい」

女性監督には、男性監督に比べて強みが多くあることは、他競技でも証明されています。

バレーボールにおいてもそうです。リオ五輪で金メダルを獲得した監督は、大会唯一の女性だったのですから。

「私が監督になったらスパルタなんじゃないかとか、鬼だとか言われる。それ(厳しさ)も使うが、選手に寄り添って、五輪の大変さやマスコミ対応なども経験してきてるので、一緒に戦えるのが女性の強み」

確実に強くなりそうな気がしますね! ほんとに楽しみです!

日本バレーボール協会の木村憲治会長は、中田監督のことを、こう評しています。

「気の強さ、やる気が前面に出ており、リーダーシップがあると感じた」
「五輪で金メダル獲得が当然とされていた頃、若くして全日本に選ばれ、銅メダルしか取れなかった悔しさが、話していて、ひしひしと感じられる。あれが監督としての原動力」

中田監督には、全日本監督は単に仕事としてではなく、使命として女子バレーをメダルへと導くという決意が感じられますね。

実際に代表監督として指導に当たるのは、現在所属しているチームとの契約があるため、来年度の初めに予定されている強化合宿になる見通しだそうです。

関連記事はこちら
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161026-00000057-dal-spo

関連PC



アドセンスPC×2

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

バレー記事いろいろ