ひろってつないで

女子バレーボールの情報や試合の感想を、適当に更新しています。たまに男子も。

V・プレミアリーグ関係

今季のプレミアリーグ・チャレンジリーグⅠについて

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今日から始まる2016/17シーズン。今季は優勝を狙えそうなチームが多く、昨季よりも激戦が予想されます。

では早速、プレミアの優勝候補を挙げていこうと思います。

2016/17シーズンのプレミア女子 優勝する可能性の高いチーム

JTマーヴェラス
スタメンに大きな変化はないと思いますが、吉原智子監督の意気込みが、昨季よりもさらに強いものとなっており、選手達もそれに応えるべく努力しているようです。その様子は、先日のVolleyball Channel(10/15放送)にて放送されていました。チャレンジリーグでは全勝優勝し、入れ替え戦でも圧倒的な強さで昇格しており、いまだ底を見せていません。プレミアでどこまで行けるか楽しみです。
NECレッドロケッツ
古賀紗理那選手を筆頭に、若手に有望な選手がおり、今季優勝できるかは、彼女らの成長次第かもしれません。先日のアジアクラブ女子バレー選手権を見る限り、チームの状態はとてもよく、さらに新外国人選手の活躍も加われば、このチームに勝つことは、そう簡単にはいかなくなるでしょう。
トヨタクインシーズ
昨季の最終順位は5位だったものの、上位との実力差はそれほど大きいものではありませんでした。そんななか、今季は荒木絵里香選手という強力なメンバーが加わり、戦力アップは確実。新しく就任した多治見麻子監督の手腕によっては、優勝も十分狙えるかと思われます。
久光製薬スプリングス
全日本監督に就任した中田久美監督に鍛えられているだけあって、非常に勝負いチーム。仮にレギュラーラウンドで苦戦しても、最終的には優勝するだけの力を持っています。ただ、今季中田監督は総監督という立場なので、どこまでチームに関わるのか、酒井新悟新監督の実力はどれほどなのか、それによって結果も違ってくるでしょう。

他の4チームについて

東レ・アローズ
あえて穴馬を挙げろといわれたら、このチーム。優勝候補から外したのは、攻守両面で活躍していた高田ありさ選手が抜け、その穴はそう簡単には埋まらないと思うからです。ただ、昨季よりも期待できる点もあります。それは東レを3連覇に導いた菅野幸一郎監督が戻ってきたことです。実際、チームの雰囲気も大きく変わったという話もあります。あとはやはり、大黒柱の木村沙織選手がどれだけ活躍できるか。東レが3連覇したときも、彼女の力が大きく影響しました。木村選手がもし、全盛期のような活躍ができるようであれば、当然優勝する確率は大きく上がるでしょう。
岡山シーガルズ
毎年助っ人外国人なしで戦っているため、戦力的に厳しく、今季も優勝するのはなかなか難しいでしょう。
PFUブルーキャッツ
プレミアに昇格したとはいえギリギリだったので、いきなり優勝というわけにはいかないと思います。戦力も昨季と比べて大幅アップとはいえず、厳しい戦いになるのではないでしょうか。
日立リヴァーレ
相手からみて一番脅威だったローレン・パオリーニ選手が抜けたことが、優勝候補から外した一番の要因です。もちろん、新外国人のカースティ・ジャクソン選手次第ですが、ローレン・パオリーニ選手の活躍が大きかっただけに、少なくとも優勝は難しいかと思いました。

チャレンジリーグⅠの優勝候補

上尾メディックス
先日のいわて国体にて、久光スプリングスを破った上尾メディックス。今季は相当強そうです。ロシル・カルデロン選手や松本亜弥華選手等、最高到達点の高い選手が多く、若手の辺野喜未来選手らの成長も期待できます。
デンソーエアリービーズ
大竹里歩選手や鍋谷友理枝選手等、伸び盛りの選手が多く在籍しているため、優勝できるかどうかは彼女らの成長次第でしょう。今季はクリスティアネ・フュルスト選手も加入したので、上尾との優勝争いが楽しみです。

関連PC



アドセンスPC×2

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

バレー記事いろいろ