ひろってつないで

女子バレーボールの情報や試合の感想を、適当に更新しています。たまに男子も。

V・プレミアリーグ関係

年内の試合を終えて NECレッドロケッツ

2016/12/29

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NECレッドロケッツ

チーム技術成績

 アタック決定率(バックアタック含む) 36.7 5
 アタック効果率(バックアタック含む) 31.8 4
 ブロック決定本数(1セットあたり) 2.09 4位
 サーブ効果率 11.0 3
 サーブレシーブ成功率 64.1 5位

※ Vリーグ発表の失点には被ブロックは含まれてないため、この効果率は被ブロック抜きの数値となります。

スターティングメンバー
※ 最新の試合を参考にしています。

 指高(cm) 最高到達点(cm)
 古賀紗理那 232.0 305.0
 山口かなめ 224.0 294.0
 大野果奈 231.0 301.0
 近江あかり 224.0 294.0
 島村春世 234.0 303.0
 柳田光綺 217.0 303.0
 鳥越未玖 209.0 291.0

※ 身長があっても指高が低いと意味がないので、今回は指高を使用しました。

リベロを除いたスターティングメンバーの平均指高 227.0cm
リベロを除いたスターティングメンバーの平均最高到達点 300.0cm

現在リーグ3位のNEC、チーム状態も良く、皇后杯準決勝の久光戦も、1-3で敗れたものの、内容的には差はなく、十分久光を追い込んだといえます。

古賀紗理那選手や柳田光綺選手等、主力に伸び盛りの選手がいるため、彼女らの成長次第では、十分上を狙うことは可能でしょう。

主な選手の技術成績の順位

アタックアタック決定本数ブロックサーブサーブレシーブ総得点
柳田光綺312637227
鳥越未玖6
島村春世1628312330
近江あかり29182245716
大野果奈193192526
山口かなめ45394144
古賀紗理那215715215
エミリヤ・ニコロバ1822192028

平均順位が一番高いのは、やはり古賀紗理那選手ですね。チームの中心は、間違いなくこの選手だといって良いでしょう。

これまでのパスヒッターと違うのは、ブロックの良さ。全盛期の木村沙織選手ですらブロックだけは苦手だったので、古賀選手は全てで結果を出せる選手になって欲しいですね。

関連PC



アドセンスPC×2

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

バレー記事いろいろ