ひろってつないで

女子バレーボールの情報や試合の感想を、適当に更新しています。たまに男子も。

V・プレミアリーグ関係

3/11(土)チャレンジマッチ 1日目 試合結果

2019/08/17

スポンサーリンク

スポンサーリンク

3/11(土)チャレンジマッチ 1日目

第1試合

岡山3 - 1上尾
(29-27, 19-25, 25-18, 25-23)

活躍した主な選手
(岡山)
佐々木萌選手→アタック決定率40.0%(24/60)、ブロック2
泉夏子選手→アタック決定率40.0%(12/30)
(上尾)
松本亜弥華選手→アタック決定率42.9%(9/21)、ブロック1
カルデロンディアス・ロシル選手→アタック決定率47.8%(43/90)、ブロック2
丸山裕子選手→サーブ3(効果率32.5%)

試合の感想
岡山失点8に対し、上尾は失点18。ブロックの数も岡山が多く10本に対し、上尾は高さで有利にも関わらず4本のみ。勝因は明らかにミスの差でしょう。

上尾のアタック決定率は40.5%で75得点、岡山は34.9%で65得点。これを見ると、岡山がいかに効率よく点を取っているかわかります。ミスをしないことってほんとに大事なんですね。

これで岡山は明日2セット取ればプレミア残留が確定します。今日のような戦い方が出来れば問題ないと思いますが、どうなるでしょうか。

第2試合

PFU2 - 3デンソー
(25-19, 14-25, 19-25, 25-19, 17-19)

活躍した主な選手
(PFU)
ジェニファー・ドリス選手→アタック決定率43.9%、ブロック5
松浦寛子選手→ブロック5
狩野舞子選手→サーブレシーブ成功率82.4%(14/17)
(デンソー)
クリスティアネ・フュルスト選手→アタック決定率50.0%(19/38)、ブロック4

試合の感想
この試合、互いに攻撃が決まらず接戦となりました。PFUは、やはり江畑幸子選手が決まらないと苦しいですね。江畑選手は途中足をつって退きましたが、明日は結果を出せるでしょうか。

デンソーの方も、やはりオリンピック経験者の鍋谷友理枝選手がどれだけ頑張れるかが、勝敗を分けるポイントとなるでしょう。


バレーボール情報いろいろ

関連PC



アドセンスPC×2

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

バレー記事いろいろ