ひろってつないで

女子バレーボールの情報や試合の感想を、適当に更新しています。たまに男子も。

木村沙織

木村沙織さんはサーブレシーブを極めていた!

2017/03/30

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『Number web』の記事の紹介

※ これは『Number web』の記事から一部抜粋したものです。

「最後のワールドカップ(2015年)が終わったあたりから、自分の中でやっとサーブレシーブに関してしっくりくる取り方ができるようになりました。そこから、全然サーブレシーブが怖くなくなりました」

世界のあの強力なサーブを苦にしない選手などいるのだろうかと思ってましたが、木村沙織さんは、長年かけてその境地に達していたのですね。ほんとに凄いことです。

元々努力家として有名な選手でしたが、それだけではなく、独自で考えた練習方法にも拘っていたそうです。

例えばサーブレシーブの個人練習をする時には、8本を1セットにして、それを試合に見立てて5セット分行った。8本というのは木村が全日本の試合で1セット当たりに取るサーブレシーブの平均本数。チームとして70%以上の返球率を目指していたため、「8本中6本返せたらクリア」という目標を自分で設定し、1球1球ホワイトボードに記録をつけながら練習した。さらに、試合のローテーションを想定して位置取りも変えていくというこだわりようだった。

眞鍋政義前監督のもとで全日本のメンタルトレーナーを務めていた渡辺英児氏はこういっています。

「彼女はそういうことを、誰かに言われなくても自分でパッとできる。アスリートとしてのインテリジェンスが非常に高い選手です」

やはり一流になるには頭の良さも必要なんですね。

全文は、こちらからどうぞ↓↓↓


     

スポンサーリンク

バレーボール情報いろいろ

関連PC



アドセンスPC×2

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

バレー記事いろいろ