ひろってつないで

女子バレーボールの情報や試合の感想を、適当に更新しています。たまに男子も。

火の鳥NIPPON

高橋沙織選手(火の鳥NIPPONの登録メンバー紹介)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

高橋沙織選手の身長、指高、最高到達点

チーム生年月日身長指高最高到達点
トヨタ車体1992/12/09177223308

※ 高橋沙織選手の最高到達点、FIVB発表の最新の数値では310cmとなっています。

最高到達点310cmは、日本人選手の中で2番目の高さですね!
 

高橋沙織選手の2016/17シーズン個人成績

 
V・プレミアリーグ女子

2016/17 レギュラーラウンド

アタック決定率35.0%29位
バックアタック決定率31.2%9位
アタック決定本数(1セットあたり)2.75本19位
ブロック決定本数(1セットあたり)0.18本33位
サーブ効果率6.2%47位
サーブレシーブ成功率 59.9%21位
総得点179点30位

2016/17 ファイナル6

アタック決定率28.4%25位
バックアタック決定率15.0%10位
アタック決定本数(1セットあたり)2.42本18位
ブロック決定本数(1セットあたり)0.53本5位
サーブ効果率3.0%36位
サーブレシーブ成功率57.7%15位
総得点56点20位

高橋沙織選手のパスヒッター限定の技術成績順位

 
V・プレミアリーグ女子
 
2016/17 レギュラーラウンド

アタック決定率9位
バックアタック決定率3位
アタック決定本数(1セットあたり)10位
ブロック決定本数(1セットあたり)9位
サーブ効果率18位
サーブレシーブ成功率14位

※ パスヒッター限定個人成績はこちら

まとめ

2016/17シーズンの高橋沙織選手のレギュラーラウンド、アタックの打数が20以上あった試合は14試合、そのうち決定率が40%以上あった試合が7回、30%以上40%未満だった試合は2回、そして30%未満だった試合は5回ありました。

実に調子の波が激しかったシーズンだったといえるでしょう。

とはいえ、決定率が40%以上あった試合が7回もあったことは、高い潜在能力を有している証拠。安定して実力を出せるようになれば、シーズンを通して40%を超える決定率を残せる選手になれる可能性は十分あると思います。

高橋選手の最高到達点は、最新のデータで310cm。これは日本人選手の中でも2番目の高さです。(ちなみに1番は上尾の松本亜弥華選手の316cm、310cmの選手は2人いて、もうひとりは久光製薬の野本梨佳選手)身長が177cmであることから、かなりのジャンプ力の持ち主といえるでしょう。身体能力はかなり高そうです。まだまだ発展途上なところがある選手なので、代表で鍛えられることによって大きく化ける可能性は十分あるのではないでしょうか。


     

スポンサーリンク

バレーボール情報いろいろ

 



関連PC



アドセンスPC×2

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

バレー記事いろいろ