ひろってつないで

女子バレーボールの情報や試合の感想を、適当に更新しています。たまに男子も。

2017/18シーズン V・プレミアリーグ関係

2017/18シーズンのJTマーヴェラスについて(昨季の成績や注目選手等)

2017/10/16

スポンサーリンク

スポンサーリンク

JTマーヴェラス2016/17シーズンのチーム技術成績(順位)

レギュラーラウンド

順位
 アタック決定率4位
 ブロック決定本数5位
 サーブ効果率3位
 サーブレシーブ成功率6位
ファイナル6

順位
 アタック決定率 6位
 ブロック決定本数 3位
 サーブ効果率 5位
 サーブレシーブ成功率 5位
2016/17シーズンの技術成績は平凡ですが、ブランキツァ・ミハイロヴィッチ選手が加入することにより、アタック、ブロック、サーブの成績が良くなる可能性は非常に高いでしょう。

弱点はやはり、サーブレシーブでしょう。ウィングスパイカーで成功率の高い選手が1人もいないので、2017/18シーズンも厳しそうですね。

スポンサーリンク

 
 
 

JTマーヴェラス2017/18シーズンの主力メンバー

セッター
田中美咲、柴田真果
安定している田中美咲選手に加え、柴田真果選手も今年VTVカップ(金)+ベストセッター、ユニバーシアード(銀)と結果を残しています。高いレベルでポジション争いが出来るといいですね。
 
ミドルブロッカー
芥川愛加、奥村麻依、寺井有美
全日本でも活躍した奥村選手は当然のことながら、それ以上の潜在能力を持つ芥川選手もいます。芥川選手は、怪我さえなければ火の鳥NIPPONのユニフォームを着ていてもおかしくない選手。大きな活躍を期待したいですね。
 
ウイングスパイカー
田中瑞稀、橘井友香、ブランキツァ・ミハイロヴィッチ
攻撃力は2016/17シーズンより確実にアップすると思いますが、中村亜友美選手や位田愛選手が退団したため、レセプションが崩れたときにどうするのか、少し心配な面もあります。
 
リベロ
小幡真子、井上琴絵
小幡選手は2017年女子アジア選手権(ベストリベロ)、井上選手はグラチャンバレー2017(ベストリベロ)と、どっちも同じチームにいるのがもったいないくらい凄い選手。
 
 
 

その他の注目選手

木村千春選手、身長185cm、指高239cmは魅力です。最高到達点はVリーグ発表の数値だと299cmですが、まだ若いのでこれからもっと上がっていくことでしょう。

今後の成長に期待したいですね。
 
 
 

JTマーヴェラス、優勝の可能性は?

選手の攻撃力とリベロは、プレミアでもトップクラスですが、ウィングスパイカーのレセプションに大きな弱点があります。

いくら強力な攻撃陣を揃えていても、レセプションが上がらないとなかなかアタック決定率は上がってきません。

ここをうまくカバーできれば、優勝も見えてくるでしょう。

 
 
 

バレーボール情報いろいろ



関連PC



アドセンスPC×2

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

バレー記事いろいろ