ひろってつないで

女子バレーボールの情報や試合の感想を、適当に更新しています。たまに男子も。

順位の変動は?

プレミアリーグ女子、2018/1/7終了時点の順位表

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プレミアリーグ女子の順位表

2017/12/10終了時点の順位表

順位チームセット率
1位久光製薬431504.09
2位JT331142.05
3位デンソー22781.00
4位東レ19780.81
5位NEC19690.81
6位トヨタ車体19690.78
7位上尾155100.62
8位日立103120.46
2018/1/7終了時点の順位表

変動順位チームセット率
1位久光製薬491704.64
2位JT381342.05
3位デンソー27981.12
4位東レ23890.86
5位トヨタ車体217100.78
6位NEC206110.73
7位上尾165120.60
8位日立103140.40
久光17連勝!

ファイナル6、1位通過はほぼ間違いないでしょう。先週は2戦共、数人の選手を入れ替えて臨みましたが、それでも2戦ともストレート勝利。あとはファイナル6へ向けて準備を整えるだけですね。
 

JTもファイナル6確定!

久光に続き、JTもファイナル6確定しました。こちらも、もはや順位の変動はないでしょう。あとはファイナル6までに、どこまでチーム力を向上させることができるか。出場機会が増えてきた目黒優佳選手(内定選手)にも注目です。
 

デンソーは3位を堅持

3位争いで頭一つ抜けた感じのデンソーですが、まだまだ久光やJTとの試合を控えており、油断はできません。皇后杯では無敗の久光に土をつけるほど実力のあるチーム。残り4試合、このまま3位でファイナル6へ進出したいところ。
 

4位東レも侮れない

先週は1勝1敗だった東レですが、ここに来て外国人選手のケイディ・ロルフゼン選手が絶好調。他の選手の調子も上がってくれば、面白くなりそうです。
 

トヨタ車体は5位に浮上

ここ2年のトヨタ車体は、ファイナル6へは進出するものの、いずれも5位や6位での通過だったこともあり、なかなかファイナル3へ駒を進めることができませんでした。トヨタ車体は皇后杯で優勝するほどのチーム。今季はまだまだ順位を上げるチャンスが残っているので、少しでも上げてファイナル6を迎えたいですね。
 

NECはどうなるか?

先週活躍した荒谷栞選手もそうですが、潜在能力の高い選手が揃っているのは間違いありません。ただ、チームとしてなかなか調子が上がってこず、苦戦が続いています。理由として、外国人選手がいないことや、近江あかり選手らが抜けたこともありますが、それ以前に古賀紗理那選手や島村春世選手という、本来安定した活躍が期待できるはずの選手が不調であることが問題です。残りの試合でどこまで上げていけるか。

スポンサーリンク

関連PC



アドセンスPC×2

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

バレー記事いろいろ