ひろってつないで

女子バレーボールの情報や試合の感想を、適当に更新しています。たまに男子も。

順位の変動は? 個人賞など

プレミアリーグ女子 レギュラーラウンド最終結果 個人賞など

2018/12/19

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プレミアリーグ女子 レギュラーラウンド最終結果

 

2017/18シーズン
プレミアリーグ女子
レギュラーラウンド最終順位

変動順位チーム試合数セット率
1位久光製薬21612105.73
2位JT21401381.47
3位トヨタ車体213211101.025
4位デンソー213211101.024
5位NEC21268130.80
6位東レ21248130.70
7位上尾21227140.67
8位日立21155160.45

※変動は、先週からの順位の変動です。

ファイナル6進出チームには、レギュラーラウンドの順位により持ち点(ポイント)が付与されます。

1位久光製薬5点
2位JT4点
3位トヨタ車体3点
4位デンソー2点
5位NEC1点
6位東レ

ファイナル6は、こうして付与された持ち点(ポイント)からスタートするため、レギュラーラウンド上位のチームほど有利になります。
 

久光製薬、無傷の21連勝

21連勝も凄いことですが、今年に入って全てストレート勝ちしています。ほんとに強いですね。この快進撃はどこまで続くのでしょうか。
 

3位はトヨタ車体

トヨタ車体、2017/12/10終了時点では6位だったのですが、皇后杯以降、調子を上げていき、最終的には3位でレギュラーラウンドを終えました。現時点で久光の次に優勝に近いのは、案外このチームかもしれません。ファイナル6も楽しみですね。


 
 
 

プレミアリーグ女子 個人賞受賞選手

得点王(最多得点)

ネリマン・ゲンシュレック(初受賞)

トヨタ車体580点
ネリマン選手、点をとるだけでなく守備も頑張ってくれて、チームの雰囲気もよくしてくれる素晴らしい選手ですね。

惜しくも受賞を逃した2位~5位の選手は以下の通り。

2位カルカセス・ケニア上尾560点
3位ミハイロヴィッチ・ブランキツァJT524点
4位ケイディ・リン・ロルフゼン東レ355点
5位堀川真理東レ341点

スパイク賞(アタック決定率)

アキンラデウォ・フォルケ(初受賞)

久光製薬60.3%
アタック決定率60%を超えるなんて凄すぎです。

惜しくも受賞を逃した2位~5位の選手は以下の通り。

2位ジャクソン・カースティ日立50.7%
3位岩坂名奈久光49.7%
4位荒木絵里香車体46.2%
5位 クリスティアネ・フュルストデンソー44.8%

ブロック賞(セット当たりブロック決定本数)

荒木 絵里香(4年連続7回目)

トヨタ車体0.85本
世界のブロッカーを抑えての受賞、素晴らしいですね。

惜しくも受賞を逃した2位~5位の選手は以下の通り。

2位クリスティアネ・フュルストデンソー 0.81本
3位アキンラデウォ・フォルケ久光 0.72本
4位奥村麻衣JT 0.68本
5位芥川愛加JT 0.64本

サーブ賞(サーブ効果率)

金杉 由香(初受賞)

JT17.4%
この部門で日本人選手が受賞するのは、何年振りでしょうか。金杉選手、いいサーブを持ってますね。

惜しくも受賞を逃した2位~5位の選手は以下の通り。

2位荒木絵里香車体16.9%
3位アキンラデウォ・フォルケ久光16.4%
4位鍋谷友理枝デンソー15.8%
5位ネリマン・ゲンシュレック車体15.1%

サーブレシーブ賞(サーブレシーブ成功率)

新鍋 理沙(2年ぶり4回目)

久光製薬63.0%
リベロでもないのに4回目とは、さすがですね。

惜しくも受賞を逃した2位~5位の選手は以下の通り。

2位 佐藤あり紗日立62.4%
3位 中川有美東レ62.3%
4位 小幡真子JT62.2%
5位 石井優希久光60.7%

 
 
 

関連PC



アドセンスPC×2

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

バレー記事いろいろ