ひろってつないで

女子バレーボールの情報や試合の感想を、適当に更新しています。たまに男子も。

期待の若手

今村優香選手の安定感について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今村優香選手のレギュラーラウンドにおけるアタック決定率

以下は、今村選手がスパイクを打った全試合の結果です。

日付相手打数得点決定率
17/10/29デンソー4250.0
17/11/11上尾23939.1
17/11/18デンソー522242.3
17/11/25上尾441738.6
17/11/26日立451942.2
17/12/02JT381642.1
17/12/09東レ632539.7
18/01/14デンソー351542.9
18/01/27上尾3133.3
18/01/28東レ391641.0

次はレギュラーラウンド通算の成績です。

打数得点失点決定率
346142841.0

打数は少ないものの、バックアタックもまずまずの決定率を残しています。

打数得点失点決定率
198142.1
出場したほとんどの試合で4割前後のアタック決定率

ポジションを争うライバルが野本梨佳選手ということもあり、毎試合出場とはいきませんが、出場した試合では大抵4割前後のアタック決定率を残しています。明らかな不調の試合がないところが素晴らしいですね。
 

2段トスを決める力を持っている

今村選手には2段トスなど難しいボールが上がってくることも多く、それでも4割を超える決定率を残しているところに、技術の高さを感じます。
 

得点力が高い

得点力も高く、1セットあたりのアタック決定本数は4.30本、もし規定に達していれば、石井優希選手を抜いて全体でも4位の成績。久光の中どころか、日本人選手の中でも1位の成績になります。
 

アタックのミスが少ない

346の打数で失点が8というのは、かなり少ない方です。まだ2年目の選手だとは、とても思えません。

楽しみな選手が出てきましたね。

 
 
 

関連PC



アドセンスPC×2

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

バレー記事いろいろ