ひろってつないで

女子バレーボールの情報や試合の感想を、適当に更新しています。たまに男子も。

順位の変動は?

ファイナル6最終順位と感想

2019/01/09

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プレミアリーグ女子 ファイナル6

 

2017/18シーズン
プレミアリーグ女子
ファイナル6最終順位

変動順位チーム試合数セット率
1位JT518503.75
2位久光製薬516411.50
3位トヨタ車体511231.10
4位デンソー57230.73
5位NEC55140.58
6位東レ53140.38

ファイナル6進出チームには、レギュラーラウンドの順位により持ち点(ポイント)が付与されています。

1位久光製薬5点
2位JT4点
3位トヨタ車体3点
4位デンソー2点
5位NEC1点
6位東レ

 

JTがリーグ無敗の久光製薬を下し逆転でファイナル進出!

久光が1セットも取れずに負けてしまうとは、驚きでした。JTはここにきて完成されてきましたね。今のJTを倒すのは容易ではないでしょう。
 

久光は、逆に負けて良かったかも

想定外のJTとの敗戦に落胆も大きいかもしれませんが、逆にこの1戦がファイナルでなくて良かったともいえるでしょう。

以下は「負けていなかったことに対するプレッシャーはあったか?」という質問に対しての、新鍋理沙選手のコメントです。
 
プレッシャーというよりは、あまり自分たちのバレーがよくなくても相手が先に崩れて勝つなど、決して全部の試合がいい状態で勝てていたわけではないので、勝ってもどこかで「このままでいいのかな?」とか、「本当に勝負がかかった試合でも勝てるのかな?」という疑問が私はあった。(後略)
 
引用 バレーボールマガジンの記事

JTがシーズンを通して成長させてきたのに対し、久光は最初から強い勝ち方をしてきたので、どこかで油断というか、気持ちの緩みがあったのかもしれませんね。久光が完敗した一番の要因は、そこかもしれません。
 

ファイナル3は久光製薬とトヨタ車体!

トヨタ車体は、今季まだ久光には1勝も出来てませんが、競った試合をしており実力の差はそれほどないと思います。選手のコンディションさえ良ければ、十分チャンスはあるでしょう。久光の方も、万全の準備をして試合へ臨めば、JT戦のようなことにはならないはず。ハイレベルな試合が期待できそうですね。
 

長岡望悠選手の復帰は?

復帰が注目される長岡選手ですが、いつでも試合に出れる状態にあるとのことです。以前、監督が復帰は3月といっていたので、もしかしたら今週プレイする姿が観られるかもしれませんね。
 

 
 
 

関連PC



アドセンスPC×2

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

バレー記事いろいろ