ひろってつないで

女子バレーボールの情報や試合の感想を、適当に更新しています。たまに男子も。

勇退・退団 バレーボールの記事いろいろ

上尾、退団選手。ユース男女の合宿等(バレーボール記事いろいろ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

上尾メディックス、近藤志歩、小笹奈津子、辺野喜未来の3選手が退団することになりました。


近藤選手と小笹選手は引退、辺野喜選手も「新たなステージでバレーボールと離れた生活になる」ということのようです。辺野喜選手は怪我のことが大きいようですね。残念ですけど、これからも頑張って欲しいですね。
 


 
 

webスポルティーバの記事

――サーブで狙われることが多かった中で、個人ではレシーブ賞も受賞しましたね。

「試合の中で『(サーブで狙われるのが)嫌だな』と思うことも多々ありましたが、それでも逃げずに練習してきましたし、ディフェンス面は私の強みだと思っています。チームメイトのサポートも大きかったので、みんなと一緒に取った賞だと思っています」

引用元はこちら↓↓↓


石井選手は、攻撃だけでなく守備でも大きく成長したようですね。2010年の世界選手権で活躍した木村沙織選手も、その年のVリーグでMVPを獲得していたので、石井選手の活躍にも期待したいですね!

 
 

Numberwebの記事

久光製薬の選手たちは、他チーム以上に1つの負けを重く受け止める傾向があり、切り替えがうまくはない。しかも二度の敗戦は負けてはいけない試合での敗戦。チームの空気はとてつもなく重かった。石井は「特に皇后杯で負けたあとはチームがバラバラになりそうになった」と振り返る

引用元はこちら↓↓↓


あの圧倒的な優勝劇も、いろいろなことがあってのものなんですね。チームがバラバラになりそうな時に、チームをつなぎ止め、支えたのがベテランの古藤選手や座安選手だったそうです。


 
 

ユース男女の合宿が実施されました

 ユース女子は3月26日(月)から男子同様に19人が参加し、前半は府民共済SUPERアリーナで、後半には兵庫県内の大学に移動し、31日(土)まで合宿を行いました。
 
 5月20日(月)からナコンパトム(タイ)で開催されるアジアユース女子選手権大会(U-17)に向けて、次回は4月後半に合宿を予定しています。メンバーの大多数はこのあと高校へと入学するため、新たな環境に慣れつつある頃の再会が見込まれます。

引用元はこちら↓↓↓


5月20日からアジアユース女子選手権大会(U-17)があるんですね。JOC・JVAカップ受賞の西川吉野選手も出場すると思うので、楽しみです! 

 
 

関連PC



アドセンスPC×2

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

バレー記事いろいろ